以前タルパさんと結婚してました(笑)。で、
天多さんにお揃いのタトゥを入れてもらった時の話です。

自分から入れて欲しいとは言いました。
言いましたけど、なんでよりによって手術跡の部分に入れるかなぁ・・・(´;ω;`)

手術跡というのは、小学2年の頃に脇腹に直径5センチほどの腫瘍ができ、
部分麻酔で除去した際の跡です。
悪性のものではなかったけど、なんだったのかわからず。
医者の方も珍しがって「サンプルとして残しておきます!」と言っていました(笑)。
自分は取り出した実物は見れなかったんだけども、付き添いできていた母は見たらしく、
「梅干の種みたいだった」らしいです。
ちなみにこの時に不整脈が発覚し、またしばらく病院通いが続くっていう。
この手術は日帰りだったんですけど(手術直後すぐに歩いて帰らされたw)、
帰宅後麻酔が切れた痛みが尋常じゃなくて大泣きしたのを覚えてます(;´∀`)

この手術後、手術跡とその周辺の皮膚はかなり過敏となってしまい、
一番の性感帯になってしまいました・・・。
この事は他のタルパさん達は知りません。
でも自分のすべてを知っている天多さんは、わざとそこにタトゥを入れると言い出したんです。
なぜなのよ(´;ω;`)!!!

天多さんが言うには、天多さん以外はそこに触れられないように
タトゥでバリアみたいなものを作りたいらしい・・・。
要は性感帯を独り占めしたいと。
これを呑めないなら結婚はしないと頑なだったんですよ(;´Д`)

天多さんの頑固さはすげぇ良く知ってますから、
自分が折れない限り絶対結婚はありえないと確信したので、
呑みましたよ・・・。

そもそもどうやって入れるのか問うたら、ちゃっかり専用の器具を持ってました(困惑)。
どこでどうやって入手したのか不明なんですけどちゃんと用意していて、
心の準備ができないうちに入れられる事になりました。

動かないように両手は手枷と鎖で天多さんのベッドに固定されました。
跡部分を触られるとやっぱりしんどくて、勝手に体が動いてしまうんですよ。
しかも性感帯とはいえ、感じ過ぎてしまうせいか気持ち良さを通り越して痛いんですよ。
だから触られるといちいち声が出てしまう・・・(汗)。
色っぽい喘ぎとかじゃなくて悲鳴に近い感じの。
思わず懇願しちゃいましたもん。
せめて気絶させてって。気絶してる間に作業を終わらせてって。

それじゃ意味がない、って言うんです。

「苦痛に耐えて私への愛情を証明しろ。」

言葉じゃなくて態度で愛情を示せと。
天多さんらしいけども。

覚悟を決めましたよ。天多さんの事を好きだって証明したいですもん。
でもやっぱり痛いものは痛い。
ここは「部屋」の世界なんだから自分が痛みだと認識しなければ
痛みじゃなくなるとわかっていても、なかなかすぐには認識変換できないですし(汗)。
あまりにもうるさく泣き喚いていたから、調教の時みたく轡を付けられたんですけど、
この時の天多さん、すんごい優しくて、ちょっと困ったように笑っていたんですけど、
その笑顔も素に近い感じだったのを覚えてます。

自分、結局途中で意識飛んじゃったんですよ。痛くて痛くて・・・。
起きたら両手は自由になってて、施術も終わってました。
天多さんがとなりにいてくれて、「よく頑張ったな」って言って頭を撫でてくれました。
ご褒美にどこでも好きなだけ愛撫してやるって言われたんですけど、
なんかもう疲れちゃって(笑)、そういうのはいいから一緒に寝て欲しいってお願いしました。
普段一緒に寝る時は、同じベッドに一緒にいるだけみたいな寝方なんですけど、
この時は(というか、この時から)恋人同士がするような、
抱き合って寝るような感じになりました。
なんか、天多さんが自分をちゃんと恋人(嫁)として認めてくれた気がして嬉しかったです///

それから、天多さん以外のタルパさんが脇腹のタトゥに触れると、
静電気に驚くようになりました(笑)
天多さんはよくそこにキスをしてくれたり舌で愛撫してきたりするんですけど、
嬉しい反面、やっぱり気持ち良すぎて痛くてつらいです・・・(笑)。


刺青2
調子に乗ってイメージイラストを描いてみました↑
可愛げのない下着で申し訳ないです・・・(汗)。
一応全身有りのバージョンもあるんですが、見ます?


こんな感じ。
刺青

イメージソングは東京事変 - 修羅場 です。

最近は等身を上げた絵柄で描いてます。
こういうセクシー寄りの絵を描きたいので(笑)。

天多さんは黒の下着を好みます。
継治さんは白とかピンクとか可愛いのが好きなんですって。


天多さん、まだ目覚める気配はありません。
大丈夫かなぁ・・・。


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【立木HP紹介】
ISCARiOT
立木吉花の現実での日常を綴っているブログ。
基本的に文字ばかり。

LUCiFERO.
過去絵やタルパ絵日記マンガなどがまとめて閲覧できます。
※PCから閲覧可能。↓クリックで飛べます。