今回はスピリチュアル系な話ですので、苦手な方はご注意下さい。
・・・って、タルパもスピリチュアル系に分類されるんでしたっけ。
今回は乱文になると思います。すみませんです(汗)。

こいつ何書いてんだ?って思われるのも承知で書いておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日父に失望した記事を上げたじゃないですか。
その日に、びっくりする事がありました。

自分は「ライトワーカー」らしいです。

たまたまyoutubeで見かけたスピリチュアル系動画に「ライトワーカー」があって、
どんなものなのか見てみたら。

・・・・・・・これは、自分の事をさしているんじゃないかと思うほどの合致点があって。
同時に、自分を取り巻く環境がなぜこうも苛酷なのかの答えを得た気がしました。

確信とか確証とか自信とかは半信半疑なんですが、
現実での実体験から照らし合わせると「ライトワーカー」となってしまうんですよ。

一番驚いたのは「9」という数字。
「9」という数字はライトワーカーの意味が含まれるらしいんですよ。
はじめは気づかなかったんですが、自分、6月9日生まれなんですよね。
6もひっくりかえせば9になりますし。

数秘術によるキーワードでは「色」に黒と白が上げられていて、
直感で「ゴスロリだ!」と思いました(笑)。
自分がゴスロリで見た目的に好きなのは色が黒と白がメインだったからです。
(タルパ日記で自分がロリ服を着ているのは継治さんの趣味に合わせているからで、
自分が好きな服装はゴスロリ、もしくはゴス服です)
でもゴスロリを好きになったきっかけはシスター服だったと思うんですよ。
シスター服を知るきっかけとなったのはキリスト教で、
キリスト教を知るきっかけとなったのが、マンガの中で知った「吸血鬼」でした。

今までは吸血鬼ってイケメンだから、そこに惹かれてたと思ってたんですけど、
「吸血鬼」に「時間」の概念てないじゃないですか。
ライトワーカーは5次元からの魂らしいので「時間」に縛られないらしいんですよね。
そういうのを自分が知らないうちに、魂が引き寄せていたんじゃないかと思いました。

また、「時間」に縛られないという点だと、タルパーとして「部屋」の世界へ行く事が容易なのも
ライトワーカーだからなのかもしれないです。
実は自分、明晰夢で「部屋」の世界に行く事は物凄い稀です。
普段の行き方は、自分でも説明が難しいんですが、意識を飛ばすような感じなんですよ。
だから寝ていなくても行けます。というか大抵起きていて意識がはっきりしている状態です。
今でもできます。簡単に。
解離とかが一番表現としては近いような気もするんですが、自分でもよくわからないのです。

もしかしたら、というか、多分「部屋」の世界は5次元の世界なんじゃないかと思うのです。
自分で作った「部屋」の世界だけども、
チャンネルのようなものは5次元として通じているんじゃないかと思うのです。

で、ライトワーカーにはツインソウルやツインレイという存在も関わってくるんですが、
多分、師匠と弟はいずれかに該当すると思いました。
ハイヤーセルフは多分天多さんだと思います。
「家族」のみんなはスピリットチームのような存在に近いのかなとも思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえず、ライトワーカー兼タルパーってことで生きていこうと思います。
自分が「高次元の星から送られてきた魂」だとはいまだに思えないんだけれどもねぇ(笑)。
ちなみに自分のライトワーカーネームは、
「ラブチャイルド・オブ・ザ・セイクリッド・グローブ」だそうです。長い(笑)。

関連動画
聖なる目的をもつ「ライトワーカー」とは?その特徴と送るであろう人生を解説!
「ライトワーカー(聖なる目的をもつ)」が孤独な人生を送りがちな理由とは?