先日悪夢を見たんですよ。
自分がよく見る「高所にいて、死ぬしか降りる方法はない夢」です。
【タルパ日記】悪夢のあとに。

「あー、またこの夢だよぉ・・・」って夢の中で悪夢を自覚してるんですけど
体は自由になれないんですよ。
で、腹をくくって自死しようとした時に「大丈夫だよ」って聞こえたんです。

「?!」

なぜか継治さんが現われて、落ちる自分を抱きかかえて助けてくれたんです。
そこで夢は終わっちゃったんですけど、死ぬ状況は回避できました。

起きてすぐ継治さんに↑の事を聞いたら、
「ミツキが困っていたから、助けに行っただけだよ」って。

こんな事ははじめてだったのでちょっとびっくりしちゃって。
タルパーさんには「あるある」な出来事なんでしょうか?

タルパーになる前は、悪夢を見ると天使様が助けに来てくれるという事はあったけども。
名前とかはわからないけど、絵画に描かれているような天使様が空中から現われて、
気づくとどこかの教会の中に連れて行かれているんですよ。
いままでの悪夢の嫌な状況とか雰囲気も一掃されてて、
すんごい神々しい雰囲気に落ち着くんですよ。

あと、弟も助けに来てくれた時もありました。
弟の場合は助ける為にどこかへ連れて行くんじゃなくて、
状況ごとガラッとと瞬時に温かい雰囲気に変えてくれて、二人で笑い合ってる状況に変わってるんです。
だから悪夢を見ていた事を忘れる事が多かったですねぇ・・・。

今回は天使様や弟じゃなく、継治さんが現われてくれて本当にびっくりしました。
本当に助かりました(^∀^)

日記挿絵用