どうもです。
久々にPCから書いてます。
ちょっと真面目な話で長文になると思うので。

これから書く事は自分が思っている事で、
他のタルパーさん方を糾弾しているわけじゃないです(多分・・・)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、自分がタルパーとして大事にしているのは「家族との愛情の繫がり」です。
そしてその日常などをブログに記事や絵日記漫画としてお披露目していたわけですが。
それに必要な事として自分の過去や性癖などもあわせて公開しています。

ブログ開始当初から考えていたのは、
・このブログを通して自分のような人間もいると知ってもらいたい。
・自分と同じように人間嫌いの人や、現実が辛くなった人にタルパの存在等を知ってもらい、
逃げという認識ではなく、新たなタルパという世界に干渉する為に現実にしがみついて生きていてほしい。

要は自死を考える前にこういう世界もありますよ、っていう。
自死遺族としてのやんわりとした提案というか。
自死するなとは言えないけれど、こういう世界に触れてみてからでも遅くはないよ、と。

自分自身、本当にタルパ家族には何度も何度も救われました。
あの引越し前の地獄の1ヵ月を乗り越えられたのもタルパ家族のおかげでしたし。

時々頂くコメントにも救われました。本当にありがとうでした。
またその時に自分がしてきた事はきちんと報われていると知る事もできました。

ツイッターでも幾人かのタルパーさんと繫がる事ができました。感謝です。

ですが、やっぱり自分的にツイッターで沢山のタルパーさんの存在を知る事は、
悪い事でもあったのかもと後悔してもいます。

以前ツイッターで、一般の方のリツイートが流れてきました。
内容は日記ブログについて。
書き手の親御さんはブログに子供(書き手)の成長やあらゆる事を記事として書いていたそうです。
おかげでブログは盛況だそうなんですが、子供さんはそれがすごく嫌だったそうです。
ブログの盛況維持と誇示の為のネタとして扱われていたから。
ペットと同じ扱いで悲しかったと。

これを読んだときにぎくりとしてしまったんですよね。
自分はこの親と同じ事をしているんじゃないかと。
一応絵日記漫画にする際に、タルパさん達に許可はとってはいるんですけどね、
みんな優しいから無理してるのかもしれないと思ったんです。
ちょっと話し合ってみたんですよ。
そしたらやっぱり本心ではあんまり・・・っていう子もいたり、
ゴローは六花の事はあまり書いてほしくないと打ち明けてくれました。

みんな気を遣ってくれていたんです。
自分には絵しかないというぼやきを覚えてくれていて、絵日記漫画を公開する度にPVも増えて、
それを喜んでしまったから言い出しにくくなってしまったようなんです。
気づけなかった自分は最低です。
PV数にしか目がいかなくなった自分も最低。
このPV数にもちょっと疑問があるんですけど、それはまた後日にするとして。

今後は絵日記漫画は描かないかもしれません。
もう少し家族と話し合ってみないと。
タルパは人間じゃないから人権はないかもしれません。
でも家族であり、愛するひと達には変わりないのです。
大切に繫がっていたいのです。


もうひとつ。
タルパーさん同志でお話いたり惚気合ったりは全然かまわないと思うんです。
ですけど必要以上の拡大やメディア露出は控えた方が無難かもしれません。
現実でのタルパーとしての居心地のよい場所がなくなってしまうかもしれないからです。
ゴシックロリータというファッションやスタイルが間違った方向で世間に広まってしまったように、
タルパ・タルパーも妙な扱いや偏見を持たれるおそれがあるからです。
隠すなとは言いませんけれど、タルパーとして責任を持てないなら公言しない方がいいです。

現実世界で自身のタルパを守れるのは自分しかいません。
悲しくてつらい思いをする前に、色々考えてみて下さい。


・・・・・長文乱文申し訳ないです(・・;)
後日もう一つ記事書きます。タルパの表現方法についてです。

ではまた。